すし店検索
うをずし 
近所に欲しいこんな店! 新潟南口からほど近いところにある「うをずし」さんは、「喜んでもらえさえすればいい」と料金は開店時からずっとリーズナブルな価格に抑えているそうでです。そのポリシー通り“ポケットマネーで飲み食い”でき、地元では密かに人気のあるお寿司屋さんです。 特にいわしの笹寿司や主人自らとってくる天然かじか酒はここだけの名物。
うをずし
住所: 新潟市中央区笹口1-18-7
TEL: 025-245-9555
営業時間: 17:00-22:00
休日: 不定休
駐車場: あり 店前に1〜2台
アクセス: 紫竹I.Cより車で6分 新潟駅より徒歩で5分
ジャンル: すし探検リポートのあるお店 女性同士におすすめ 家族(子供達)におすすめ 団体客(20人程度)でも入れる ランチあり 全メニュー価格表示あリ 地元ネタが特に多い コース料理あり 出前あり クレジットカード利用可能
表示回数: 46994
うをずし うをずし うをずし
携帯でQRコードを読む
とアクセスできます

探検リポート
こだわり
新潟南口から下りて、左側に歩いて1分ほどのところにある「うをずし」さんは、「喜んでもらえさえすればいい」と料金は開店時からずっとリーズナブルな価格に抑えているそうです。そのポリシー通り“ポケットマネーで飲み食い”でき、地元では密かに人気のあるお寿司屋さんです。

特にシャリを炊く水にはこだわっていて何と自ら山の湧き水を汲みに行かれるんだとか、でも山の名前は教えて頂けませんでした…。

カジカやアユなども潜って取ってくるそうで、アユは9月いっぱいまでは塩焼きで食べられます。でも趣味じゃなくて仕事だから取れない日は『冷や汗モノ』らしい。
※日曜日の午前にとりに行くので、その夜にお店に行くと、取れたての天然アユの塩焼きが食べられるかもよ。

カジカを乾燥したものを(乾燥方法は企業秘密)、この様にさしてあり、これを使った「カジカ酒」は最高です!!

料理に関しては「ウチはこれしか出さない」という頑固商売は性に合わない様でお客さんに合わせたメニュー造りを心掛けているそうで、これが地元の人から愛されている理由じゃないでしょうか。

(クーポン券サービス、笹ずし、一品料理、晩酌セット、宴会などサービス品は除く)

人気メニュー


【人気メニュー】
「上ずし 2,500円」

新鮮なネタがいっぱいの上ずしは、
とてもリーズナブルな値段で、
楽しめます。


「ちらし 1,300円」

なんと、並ちらしでも
このボリュームで
この内容!!

「カジカ酒840円」
自ら川に入って取って来るカジカを入れた「カジカ酒」。まろやかで飲みやすくホントあったまります。「1杯目よりも2杯目、2杯目よりも3杯目と序々に味わいが増すんだよ」と教えてくれました。

「イワシの笹寿司
300円」
新潟中を探し歩いてもどこもやっていないと豪語する「イワシの笹寿司」。なんと笹はご主人自ら山に入って採って来るという力の入れ様、自家製の胡桃味噌がイワシとシャリに溶け合ってえもいわれぬおいしさです、300円という値段が信じられない…。

「玉子焼き円」
「玉子焼きは寿司のお菓子だ!」が信条のご主人がつくる卵焼きは程良く甘いダシがジュワッと口に広がる甘党には応えられない逸品。玉子焼きと酒だけ飲んで帰ってしまうお客さんもいるそうで「ウチは寿司屋なんだけど…」とぼやくご主人、でもそのお客さんの気持ちも分かるほどうまい。

『主なメニュー』
にぎり・ちらし

すし…………………………1,200円
中ずし………………………1,700円
上ずし………………………2,500円
ちらし………………………1,300円
上ちらし……………………2,600円
とろ鉄火巻(3本)…………5,400円
とろにぎり(7ヶ)……………6,500円

巻寿司いろいろ
各3本1人前………………750円
「かっぱ、おしんこ、うめじそ、なっとう、
かんぴょう」
(お好み1本づつでもOK)
太巻………………………1,200円
いなり寿司(7ヶ)…………600円
いわしの笹寿司1本………300円
鉄火巻(お1人様3本)……1,300円

タイムサービスPM5:00〜PM8:00
晩酌セット…………………1,800円

※料金は消費税を含んだ総額表示です。

越後すし丼…………………1,200円
(白身魚を多く取り入れた丼です。)
極み…………………………3,000円
(10カンのお得な寿司です。)

一品料理
刺身盛合せ1人前………1,800円より
青菜のお浸し………………400円
胡瓜の梅ワサビ和え………400円
冷奴…………………………450円
もずく酢……………………450円
いか塩辛……………………450円
いかげそ焼…………………450円
いか納豆……………………500円
ばい貝酒蒸し………………550円
のっぺ煮……………………550円
青柳ぬた……………………680円
ブリ山かけ…………………680円
マグロ山かけ………………800円
ブリかま焼…………………1,500円
おすすめ干物………………700円
通し…………………………400円
海藻サラダ…………………400円

お飲み物
天然かじか酒……………840円
菊水のお晩です…………450円
新潟のお酒(各種)………650円
 ・越乃寒梅
 ・〆張鶴(雪)
 ・久保田(千寿)
 ・八海山
 ・鶴の友
 ・麒麟山
 ・鶴齢(300ml)
 ・無冠帝(冷酒)………1,100円
 ・姫の井(冷酒)………1,050円
サッポロビール(中)………480円
サッポロ生ビール…………530円
焼酎………………………450円
ボトル焼酎………………3,000円
ボトルワイン……………3,000円
ソフトドリンク(各種)……250円
 ・ウーロン茶
 ・ジュース
 ・コーラ
リンゴジュース…………450円

隊員コメント

隊員No.010
取材者
隊員No.010

駅南の飲み屋街の一角にたたずむ『うをずし』さん、こじんまりとしていて居酒屋の様な家庭的な雰囲気で和めるお店です。

「ご主人ちょっとコワイ人かな」と思ったら喋るわ喋るわ、営業中の珍事件や鮎取りの仕掛けなど店の奥から持ち出して来て喜々としている姿にご主人の人柄を見ました。
※右のイワナの魚拓は、ご主人がつかまえた最大の大きさの43cm!!デカイ!

そんなご主人とお話がしたくて訪れる常連さんも多いとか、そうでしょうそうでしょう。ニギリも100円から700円という値段で安心して飲み食いできるし「今時こんな良心的なお店があったなんて」と唸ってしまう隊員なのでした。

 

評価8.96 (45) |  友達に紹介 |  コメント (0)

※ 投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

コメント   コメントをかくには登録が必要です。

登録していない方は新規登録を   登録済みの方は ログインを

  地図検索には「 Yahoo!地図情報 」を使用しています