越後すし丼は、新潟の美味しい「寿司」と「魚」を発信しよう!
という企画のもと、新潟の美味しい本格お寿司屋さん39店が集結。「すし屋の丼」をマグロや海老などで華やかに盛り付けて、各店オリジナルの丼をご用意しました。
新潟の旬の地魚と魚醤で味わう、新潟の丼、越後すし丼です!

旬の地魚と魚醤で味わう新潟の丼 越後すし丼

越後すし丼とは 旬の地魚と魚醤で味わう、新潟の丼

新潟の美味しい「寿司」「魚」を発信しよう!
という企画のもと、新潟の美味しい本格お寿司屋さん39店が集結。
「すし屋の丼」をマグロや海老などで華やかに盛り付けて、各店オリジナルの丼をご用意しました!

地魚:ゲンザ、フナベタなど新潟港に水揚げされた地魚をメインに、当店でしか食べられない地魚(白身魚を中心に)をご堪能ください。
魚醤(ぎょしょう):魚本来の味を最大限に引き出すために大豆ではなく、魚介類を原料として作った漁醤油でお召し上がりください。

※セットメニューを提供しているのは一部の店舗です。詳しくは店頭でお尋ねください。
※旬の食材ですので、仕入れの状況により具材が異なる場合があります。

新潟県すし組合厳選「鶴齢純米吟醸酒」と共に、ご堪能ください

2016年秋、新潟県すし組合の次世代の後継者たちが、青年部活動の一環として、日本一の米どころ南魚沼市塩沢の牧之通りに面した創業300年の老舗蔵である青木酒造で見学会を実施、「初呑みきり会」に参加するチャンスに恵まれ、参加者全員で「すし」に合う清酒を厳選することができました。

青木酒造では、年間約140本程のタンクに酒を仕込みそのうち約20本が純米吟醸であり、通常はその約20本のタンクを蔵独自の調合で瓶詰めするということです。

青年部が厳選した「鶴齢 純米吟醸酒」は、その中から「すし」に合う酒のタンクを選抜、蔵独自の調合で瓶詰めをし、限定出荷する特別な清酒です。
新鮮な魚に、またシャリにも合う清酒をぜひカウンターや小あがりですし職人の思いを聞いていただきながらご堪能ください。

新潟県すし組合厳選「鶴齢純米吟醸酒」はマークがついた24店舗でご提供しています。 詳しくはこちらをご覧ください